betting India

インドのトップ5ベッティングサイト

賭け、運のゲーム、運のゲームは長い間多くの国でお気に入りのオンラインスポーツの1つであり、インドも例外ではありません。 ギャンブルの伝統は、スポーツ、サイコロ、天気、試合、政治的結果など、インドの文化に深く根ざしており、すべてではないにしてもいくつかに賭けるのが大好きなベターを見つけることができます。

インドの他の地域についても、賭けはオンラインに移行しました。 あらゆる試合やレースなどで賭ける自由は、何百万人もの人々をギャンブルの世界に魅了しています。 インドの人口が多いため、企業は巨大な消費者市場を提供する賭けを提供しています, このため、市場は可能な限りすべてにギャンブルオプションを提供するたくさんの賭けサイトでいっぱいです .

bet4profitでは、市場には非常に多くのオプションがあるため、 群衆の中で迷子になりやすいことを理解しています。 どちらがあなたのお金を入れるのに最適かを決めるのは大変なことです。 そのため、数日間の調査と個人的な経験の後、このステップを簡単にするために 、インドのトップ5の賭けサイトの このリストを作成しました。

それでは始めましょう:

1. 22ベット

22Betカジノレビュー-100%最大₹10,000 + 22ベットポイント 🥇

インドのクリケットへの愛情を見て、22Betはリストの最初になければなりません。 このサイトは、さまざまなIPLオッズに賭けるオプションを提供するため、 クリケット愛好家に最適です

クリケットとは別に、この国際的な賭けサイトは、ユーザーにお金と運を入れるための印象的な一連のスポーツ を提供しています。 信じられないほど大きなスポーツベッティングセクションと何百もの異なる賭けが相まって、22Betはインドのベターの間で非常に有名になっています。

このサイトには、 50以上の個別のスポーツベッティングで構成されるスポーツブックがあります。 このウェブサイトは、英語とヒンディー語の両方、および他の多くの言語で利用できるため、英語を理解できないインド人の間で人気があります。 さらに、サイトにより多くの利益を引き付けるために、22Betは最大₹10,000の100%デポジットを提供します。

入金とお金の引き出し方法

  • ペイトム
  • ティッカー
  • ネットバンキング
  • マスター
  • ビザカード
  • ネッテラー
  • ビットコインなど

22ベットクリケット

22ベットの特典

  • サッカー、クリケット、その他のさまざまなスポーツでの生きた賭けの機会とともに、選択できる多数の賭けスポーツオプション
  • インドルピーを受け入れ、Paytm、UPIなどの一連の支払いオプションが与えられます。
  • 24 / 7カスタマーケアとライブチャットオプション付きの電子メールサポート。
  • インドの母国語、 ヒンディー語で利用できます。

潜在的な欠点

  • ウェブサイトのユーザーインターフェイスは古いため 、遅れることがあります
  • サイト内を移動することは最初は混乱 しますが、最適なユーザーエクスペリエンスのために少し簡単にすることができます。
  • カスタマーケアサービスは常に利用可能ですが、それでも 十分に効率的ではない 場合があります。

2. ベット365

Bet365は、 その近代的で包括的な賭け活動により、世界最大の賭けサイトになり、インドを含む多くの国のより良い人が利用できます。 このサイトは、考えられるものすべてに賭けることを申し出ています。

2000年の設立以来、Bet365はすべての賭けサイトのトップにとどまり、それには正当な理由があります。 さまざまなスポーツやレースの 無料ライブストリーム を提供しており、このサイトの最も優れている点は、より良いものを引き付け続けるための 革新的な方法 を考え出し続けていることです。

あなたの名前、出身国、DOBなどの基本情報だけで、誰でもサイトでアカウントを開設し、世界のどこからでもトップスポーツに賭ける贅沢を楽しむことができます。

入金とお金の引き出し方法

  • 電子財布(PayPal、グーグルペイ、ネッテラー、スクリル、ペイセーフカード)
  • マスター
  • ビザカード
  • ネットバンキング

ベット365ホームページ

ベット365の特典

  • から選択するさまざまなスポーツの長いリスト
  • INRを含むさまざまな通貨での預金を受け入れます
  • 24 / 7カスタマーケア サービス
  • ユーザー向けの多数のボーナスとプロモーション
  • クリケット、競馬などの複数のスポーツの無料ライブストリーム

潜在的な欠点

  • カスタマーケアはしばしば忙しく、多くの場合、彼らと連絡を取るのが難しくなる可能性があります
  • このサイトは より良いウェルカムボーナスを提供できると信じています。

3.ベットウェイ

ベットウェイ-ウィキペディア

Betwayは、インドで最も信頼され、広く使用されている賭けサイトであり、以前に使用したことがある人なら誰でも強くお勧めします。 このサイトは、クリケットの素晴らしい賭けオプションを含む、インドのより良い人のための機能の長いリストを提供しています。

これは、賭けの世界で最も初心者に優しいサイトの1つであると考えられています。 インタラクティブでナビゲートしやすいインターフェースを備えたBetwayは、入金から賭けまで、ユーザーにとって非常に簡単になります。

入金とお金の引き出し方法

  • ティッカー
  • ペイトム
  • フォンペ
  • グーグルペイ
  • ビザカード
  • アストロペイカード
  • マスター
  • Skrill
  • ネッテラー
  • ネットバンキング

ベットウェイインドホームページ

ベットウェイの特典

  • 非常に ユーザーフレンドリーなサイト であり、賭けの世界に足を踏み入れようとしている 初心者に最適です
  • クリケット、ラグビー、サッカーなど、インドのお気に入りのスポーツのいくつかに賭けのオプションを提供します。
  • UPI、Skrill、NetBankingなど、さまざまな媒体を介した預金を受け入れます。

潜在的な欠点

  • あまり協力的でないカスタマーケアサービス
  • このサイトが提供するプロモーションはごくわずかです。

4. 1xベット

1XBetは、サイトが提供する ゲームの多様な範囲 のために、より良いものの中でその名を馳せています。 カバディからサッカーまで、さまざまなカジノゲームとともにほぼすべてのスポーツを見つけることができます。 さらに、子供の遊びで作成されたアカウントは、このプラットフォームにさらに多くのユーザーを引き付けます。

拡大し続けるベッティングスポーツで 多数のボーナスやプロモーション を利用できるため、より多くの現金を現金化し、選択したゲームに賭けることができます。 1XBetはまた、あなたがより多くのお金を稼ぎ、サイトでより多くの楽しみを持つのを助けるために、巨額の賞金とボーナスを備えたいくつかの コンテストとトーナメント を開催します

入金とお金の引き出し方法

  • ペイトム
  • フォンペ
  • ティッカー
  • ネットバンキング
  • マスター
  • ビザカード
  • ビザクレジットカードバウチャー(インドのICICI銀行で利用可能)

1XBet-India

1xBetの特典

  • カジノ、スクラッチカード、ホイールオブフォーチュン、eスポーツなどとともに、数多くのスポーツが賭けのオプションで利用できます。
  • 簡単な登録で、必須の情報をファイリングするだけで賭けを開始できます。 後で、残りの情報を追加することで、プロファイルを強化できます。
  • ヒンディー語で利用可能

 

潜在的な欠点

  • 初心者向けではない
  • 混雑したユーザーインターフェイスでナビゲートするのは難しい
  • ウェブサイトは時々あまりにも多くのゲームに 圧倒 されます
  • 多くの場合、1XBetからお金を引き出すのに時間がかかりすぎる可能性があります

5.ファンベット

ファンベットレビュー(MoGレーティング)⚫ Top69bookmakers.com

Funbetは最高の賭けサイトではありませんが、より安全で、シンプルで、より楽しく使用できるサイトにお金を入れたいと考えているベターにとっては素晴らしい選択です。

国内および世界中のクリケットの賭けオプションがあるため、インドのベターにとって理想的です。 さらに、サイトでの お金の入出金 簡単でリスクがないので、初心者にとっては素晴らしい代替手段です。

入金とお金の引き出し方法

  • UPI(Paytm、PhonePe、Google Payなどを含む)
  • Skrill
  • ネットバンキング(オンライン銀行振込)
  • はるかに良い
  • ネッテラー
  • エコペイズ
  • ビザカード
  • マスター

ファンベットクリケットベッティング

ファンベットの特典

  • Funbetのアカウントの作成には2分もかかりません。
  • あなたのお金を 預けたり引き出したりする多くの便利な方法
  • 多数のeスポーツおよび賭けトーナメントで利用可能な賭けオプション

潜在的な欠点

  • ウェルカム ボーナスは非常に低く、サイトはそれに取り組むことでより多くの利益を引き出すことができます。

About the Author: Mark Bargatze

You May Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です